前へ
次へ

相続放棄をしたとき遺品整理は誰が行うか

故人が借金を残して亡くなった時は相続放棄手続きをすることで借金を引き継がずに済みます。裁判所に所定期限までに申請をすれば相続放棄となりますが、となるとそれ以後故人の財産を処分することができなくなります。国の方が処分することになり、価値のあるものを売却して債権者に財産を分配したりしなければいけません。では相続放棄をすれば遺品整理に関するすべての手続きが不用になるかと言えば実際にはいろいろ行うことがあります。相続人が持つ権利として財産の管理があり、こちらは相続放棄をしたとしても放棄できないとされています。ただ触れないものを管理するのは難しく、このときは相続財産管理人を選任してそちらに管理を依頼するケースが多くなります。相続財産管理人は弁護士などが選任されることが多いですが、その時に一定の予納金が必要になりそれを用意しなければいけません。相続放棄をしたからと言って何もしなくていい、何もできなくなるわけではありません。

Page Top